新築について

家づくりで
いちばんの
わくわく。

あなたらしい家をとことんこだわって作る為に生まれた、2つの定額制注文住宅「FLAT HOUSE(フラットハウス)」と「NATUR(ナチュール)」は、お客様とゼロから間取りを作り上げる自由設計の新築住宅です。
間取りは、住みやすさを左右します。家族構成や、行動パターン、効率的な家事動線などを考慮し、最適な間取りをデザインします。

〜定額制注文住宅 専門店〜

定額制注文住宅の家

自由設計の注文住宅「FLAT HOUSE」と「NATUR」は、定額制注文住宅です。
平屋の家「FLAT HOUSE」では30坪プラン1,980万円〜、北欧デザインの無垢の家「NATUR」では30坪プラン1,880万円〜。ご要望の多い建物サイズをいくつかご用意しているほか、ご希望される坪数の注文住宅にも対応いたします。
価格には、建物本体、オール電化、建築確認・申請、長期優良住宅仕様、オール無垢材、住宅設備一式(キッチン、バス、トイレ、照明、カーテン、エアコン)、エコキュート、消費税が含まれています。
※付帯工事(地盤補強工事、外部電気工事、上下水道引込工事、外構工事)、家具は価格に含まれません。

間取り自由設計の定額制注文住宅

新築を建てる際、頭を悩ませ、そして楽しいのが間取りを考えることではないでしょうか。
「あんなことをしたい」「こんな風に暮らしたい」…ご家族みなさまのご希望・ご意見をもとに、決められた広さの中でゼロから間取りを起こします。
最初は、はっきりしたイメージはなくて大丈夫です。間取りのデザインと聞くと、難しく感じるかもしれません。けれど、間取りを一緒に考える時間は、新居での生活を一番想像する時間。お客様には、「間取りを考える時間が一番楽しかった」という声をいただくこともあります。
クリエイトでは、キッチンや壁紙なども、お客様に自由に選んでいただける、本当の自由設計の家です。

クリエイトは家づくりアイデア豊富

家づくりに精通したクリエイト。一生のうちでいちばん忙しい子育てママの家事負担を大きく軽減できる導線の取り方、育ちざかりの子どもがいきいきできる遊びごころのあるデザイン、家族のプライバシーを大切にした大人の暮らし、終のすみかを意識したおしゃれなバリアフリー住宅など、住む人の暮らしに合う、たったひとつの家をご提案できます。

 

地震に耐える家

耐震性の高い家を建てるために、伝統的な日本家屋の作り方である在来工法に加え、耐震性に定評のあるパネル工法を組み合わせたより強度の高いハイブリッドな工法を採用しています。さらに、基礎工事を行う前の地盤調査をしっかり行い、調査結果の数値を基に補強工事を行います。
このように、基礎や構造から丁寧に作り上げていくクリエイトの家は、地震にも強い家となっています。

クリエイトの建てる家は耐震等級「2以上」
耐震等級の最高等級「3」の認定を受けるには、有料の審査費用が必要になります。この審査費用はお客様のご負担になります。クリエイトでは、審査に係る費用をその他のことに使っていただきたいと考えています。耐震等級上は「2」の認定であっても、構造計算上で耐震等級3相当の家を建てているので、耐震等級「2」以上と表現しています。

機密性・断熱性・省エネ性の高い家

在来工法とパネル工法を組み合わせた家は、機密性にも定評があります。さらに、高品質の断熱材をびっしりと埋め込むことで、断熱性も高い家を建てています。
このように、機密性や断熱性に優れた建材を使って家を建てることで、エアコンを使わなくても夏は涼しく、冬は暖かい省エネ住宅となるのです。省エネ性の高い家は、冷暖房費の節約につながり、将来の家計の負担も軽くなります。
クリエイトの建てる家は、省エネ対策等級「最高等級4」。次世代省エネ基準もクリアしている、快適で将来を見据えた住まいです。

安心の性能×クオリティ
「長期優良住宅仕様の家」

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用できる工夫がされた優良な住宅です。これらは、地震に強く倒壊しにくい家、長く住むために構造・骨組みがしっかりした家、メンテナンスがしやすい家、広さが確保され暮らしやすい家、地球環境、家計にもよい家、街並みに調和した家、建築後の定期的な点検・補修などの計画を行なうかの項目が満たされているかで認定されます。
すなわち、上の基準を満たして長期優良住宅であると認定された家は、長く快適に住める良い家であるということです。
さらに、「長期優良基準」認定を取得した住宅は、地球に優しい家ということで、国からの支援制度も充実しており、さまざまな税制優遇の可能性があります。

AFTER 〜充実のアフターメンテナンス〜

アフターメンテナンス付の家

クリエイトで取り入れている、在来工法とパネル工法の組み合わせ。
現在主流のパネル工法のみだと将来的に見た時にリフォームを行うのが困難で金額も高くなってしまいます。外部にパネル工法、内部は在来工法を用いることで、将来ライフスタイルが変わった時にリフォームがしやすいよう工夫しています。
また、住宅保証会社により住宅の主要構造部および雨漏りによる瑕疵について施工から10年間は無償で補修、修理する事になります。
いい家はきちんと手をかけてあげれば何十年も持ちます。30年後、40年後にリフォームのする箇所が少なくて済むように、日々の点検や、メンテナンスも大切になります。
保証制度は大切なものですが、それだけに頼るのではなく、日頃からなんでも相談していただきアドバイスもさせていただければと思っています。

※長期保証の対象となるのは、基本構造部分(柱・梁などの構造上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分)に発見された瑕疵やその瑕疵が原因の不具合等です。

■引き渡し後の点検内容

定期点検

【引き渡し後】1ヶ月/3ヶ月/6ヶ月/1年/2年

床下点検(シロアリ対策)

定期的

床配管

定期的

設備機器

2~3年ごと

flathouse